イギリスの代表的な報道機関

こちらの記事では、イギリスの代表的な報道機関を紹介します。

イギリスの有名な新聞

タイムズ

週7日発刊する日刊新聞としては世界最古のもので、1785年創刊です。ロンドン・タイムズと呼ばれることもあります。国内外のニュースを幅広く網羅しており、世界中に特派員を派遣しています。高級新聞として、いまだイギリスの報道機関の中で確固たる地位を築いています。

インデペンデント

1986年創刊の新聞。元は紙媒体でしたが、新聞不況により、2016年に紙媒体をすべて廃止し、オンラインに完全移行するという大胆な方向に舵を切りました。2011年の東日本大震災が起きた際には、一面に日本を鼓舞する文句と日の丸を掲載し、日本でも話題となりました。

ガーディアン

1821年創刊の、リベラル派の大手新聞で、インデペンデントとはライバル関係にあります。国際的な問題に深く切り込んでいくジャーナリズムが評価されています。

イギリスの有名なテレビ・ネットワーク

BBC(英国放送協会)

1922年設立。イギリスの多数のテレビ局、ラジオ局を一括管理する公共放送局で、BBCだけで10以上ものチャンネルを所有しています。各ニュースから、ドキュメンタリー、子供向けの知育番組、国際放送、アラビア語放送など各分野での報道を行っています。オンラインでのライブ放送やオンデマンドなどのサービスも充実しています。

ITV

イギリス最大の民間放送局で、BBCとは異なる各放送局の集合体です。ニュース番組以外のテレビドラマ、エンターテインメント番組、ドキュメンタリー番組などを放送しています。